片思い&彼氏彼女&結婚で困ったら
恋愛診断・恋愛占い ハニホー!

< 結婚について:TOP(目次)へ戻る

婚約/婚約指輪

婚約指輪の価格(相場・金額・値段)と意義1

婚約指輪の価格はいくらが相場なのか、というのは、あちこちのサイトで説明されているかと思います。まぁ高く売りたい事情もあるでしょうから、商売がかった情報も多々あることでしょう。こちらのサイトでは、婚約指輪というものの意義から、この点を考えたいと思います。

婚約においては、例えばヤギなどの家畜を男性から女性に貢ぐ地域もありますし、結婚の約束を確かなものとするために金品で形を示すというのは世界中で行われていることです。日本では結納を行うこともありますよね。婚約指輪も、その一環かと思われますが、もう少しロマンチックに言えば「結婚の意思と相手への気持ちや覚悟を、婚約指輪という形で表現する」という意味があると言えるでしょう。

しかしながら、日本古来の慣習ではありませんし(教会式の結婚式なんかもそうですが)「なくてはならないもの」ではありません。べつになくてもいいのです。でも、気持ちを示すものですから、必要とか不要とかではありませんよね。なくてもいいものをあえて用意するからこそ、意義や価値があるのです。

そう考えると、価格帯というのは「気持ちや覚悟次第」ということになります。

婚約指輪の価格(相場・金額・値段)と意義2

では気持ちは、いくらで表現されるのでしょうか。受け取る女性側も、その後の生活がありますし、全財産をはたいてほしいわけではないでしょう。でも、男性側が軽く考えて「まぁこうしときゃいいんだろ」と思っていたら、気持ちがこもってないわけですから、払った金額が多くても女性は喜ばないでしょう。

これは実は、金額の問題ではないのです。金額は、相手をなめてると思われない額なら、それで良いのです。さらに言えば、相手への気持ちが感じられるような背景、ストーリーが婚約指輪に乗っかっていれば、価値がグンと上がり満足度が増すのです。

例えば、相手が好きなブランドを聞いて、一緒にショップに行き、気に入ったものを選ぶという過程を辿れば、それが一つの価値になりますし思いを示すことになるでしょう。例えば、「今は高いものを買ってやれない。ごめんな」と説明し、普段から愛情を示し、安価な指輪を一緒に買いにいく。その説明するという過程や相手への気持ちを考える姿勢や普段の愛情が、指輪に乗っていれば、1万円の指輪でも気持ちが伝わることでしょう(たぶん…)。

例えば50万円の予算があっても、指輪を10万円にしておいて、40万円でハワイに行き、二人でダイヤモンドヘッドに登って渡す。それも思い出深い、思い入れのある、気持ちの伝わる指輪になると思います。

何よりも、普段から愛情がしっかり伝わっていれば、それこそ婚約指輪の金額は大した問題にはならないはずです。まぁ普段から愛情をしっかり伝えることができているような人は、ここに書いてあるようなことを読まなくても、無意識のうちに相手が喜ぶような過程を辿って、予算もそれなりに用意して、婚約指輪を渡すはずです。

良くない例も挙げておきます。例えば「こっちのほうがダイヤが大きい割に安い!こっちにしよう!」などと、婚約指輪で得をしてやろうという姿勢があったりしたら、お金をかけてもその意義(気持ちや覚悟を指輪に乗せて伝える)が失われますよね。「安くても思いが伝わればいいはずだろ」と押し付けるような態度も、結局は相手の気持ちを考えていない時点で思いが込められていませんし、その意義が失われますよね。ここを間違わないようにしましょう。

どうしても金額の目安がほしいなら・・・

昔よく言われた「給料の三か月分」などと考えるのはやめましょう。だいたい1か月から1.5か月分ぐらいあたりで考えていてはどうでしょうか。これも、自由に使えるお金がどれくらいあるか(一人暮らしなのか等)にもよりますから、一概には言えませんが。それよりも、先に書いた通り、ちゃんと気持ちが伝わるような過程を辿りましょう。

また、相手のスタンスも聞いてみてはどうでしょう。婚約指輪についてどう思うか、希望があるのか、一緒に考えたいか、こちらで考えてから提案してほしいか、その金額で旅行したいか、いらないか、何でもいいか、等。方針決めの第一歩として、おおまかなスタンスだけでも聞いておけば、動きやすくなると思われます。

婚約指輪とサプライズ

映画のように、指輪をあらかじめ用意しておいて、サプライズで渡す。ロマンチックですが、基本的にはおすすめしません。というか、それをするなら、入念な検討が必要です。

なぜおすすめしないかというと、まず指輪のサイズが本当に合うのかという問題もありますし、指輪は高額ですから、相手が好きなものを選びたかった、と思う可能性もあります(もらった以上、言い出せませんが)。人によっては、指輪にお金をかけないでほしかった、とすら思う人もいるでしょう。このあたりの感覚が分からないので、サプライズで渡すというのは、リスクが大きいと思われます。

また、サプライズというものを嫌う、いまいち喜べない、という人もいるのです(申し訳ないと感じやすい人や、気持ちをあまり表現しない人や、想定外のことを嫌がる人)。今までサプライズですごく良いリアクションをして喜んでいた、という実績があれば良いのですが、そうでない場合はやめておいたほうが無難でしょう。

どうしてもサプライズで渡したいなら、仮の安価な指輪を用意して渡す(後で正式なものを買い直すような手順にする)、相手がサプライズに喜ぶ人なのか確信を得ておく、という点を押さえておきましょう。

※本サイトは、読み流すだけで成長する「恋愛の学校」の校長が作成しています。ぜひ恋愛の学校にもお越しください。相談すれば回答があるかも?

【SNSでの共有】
以下のような文言を共有します
(投稿前に編集できます)
send to Twitter send to Facebook send to Mixi send to Google Plus other
 
結婚について:TOP(目次)へ戻る
新着をすぐお知らせ
【よく当たる!診断/恋愛占い/結婚占い/相性占い】
まずはコチラ(迷ったら・悩んだら)相性占い好きな人・片思い・アプローチ・相手の気持ち彼氏・彼女結婚・結婚占い・結婚診断恋愛占い(恋愛傾向)性格診断・心理テスト結婚の相性占いモテ占い婚期・結婚適齢期不倫・不倫占い浮気・浮気占い元彼・元カノ・復縁占い
【恋愛指南や相談】
恋愛の学校片思い・好きな人・アプローチ・相手の気持ち結婚相性不倫浮気元彼・元カノ・復縁
【恋愛まとめ】
恋愛のまとめ
※性格診断、心理テスト、占いは無料です。
株式会社番長