恋愛診断ハニホーのイメージ rocket_launch まずコチラ
完全無料の性格診断と恋愛診断
診断を極めたハニホー!

tips_and_updates ハニホーってどんなもの?

◆我々は、性格診断や恋愛診断・恋愛に関するコンテンツを提供しています。
◆楽しい診断だけではなく、恋愛に役立つツール(アプローチ方法を提案する、別れるべきか判定する、等)を提供します。そして「恋愛に悩んだらハニホー」「恋愛といえばハニホー」を目指しています。
◆名前と生年月日だけ入れて適当な結果を出すわけではありません。日々の恋愛や心理の研究から診断づくりをしています。なお、新しい診断ほど精度が高い傾向にあります。
◆あなたの目が確かならば、他のサイト等とは段違いの内容であることがお分かりいただけると思います。
◆とても健全な内容で安全です。
◆前身となるサイトから26年運営されています(開始1996年)。
◆ぜひ末永くお楽しみください。

tips_and_updates 診断はあてになるの?

このような隅のほうまで興味を持っていただいたことに感謝します。ハニホーがどれほどのことを考えて診断しているかを理解するには、下記のサイトに行って、かなり下のほうにある「コラム」をいくつか読んでみてください。あまり辿り着かないような場所にあります。

片想い相性恋愛診断性格診断彼氏彼女結婚復縁遠距離恋愛同棲不倫

ハニホーの作者(「恋愛の学校」の校長)は、一つ一つが数千字にもなるような相談に、旧サイトから合わせて3400件以上も回答してきました。そこで培ってきたものがよく伝わると思います。心理学などの学者よりも遥かに恋愛の現場を見てきて、また「ただ恋愛をたくさんした人の経験談」より遥かに体系立てられた哲学や恋愛観を持つ、ここハニホーにこそ「芯を食った」内容があるということがお分かりいただけることでしょう。

tips_and_updates 診断はどう作る?

下記コラムが参考になるでしょう。

性格診断の作り方恋愛診断の中身

おふざけではないですし、バーナム効果(誰にでも当てはまるようなことで当たった気にさせる効果)を狙ったものでもないのです。

tips_and_updates 当たる?当たらない?

本当に当たらないこともたまにあるのですが、中には「極端に盛った写真にうるさい」などの攻めたコメントで「当たらない」と思われる方もいます。

診断結果のコメントには、「あざとい」のように抽象的に性格を表すものと、「極端に盛った写真にうるさい」のように具体的なことに言及する勝負に出たコメントが混ざっています。勝負に出たコメントは、具体的なだけあって、そのまま捉えると「べつに写真にごちゃごちゃ言いませんけど?当たってないなぁ」ということになりやすいのですが、当たらないと捉えずに「そういう風な人だと思われている(盛った写真にうるさそうな人だと思われている)」と捉えてください。とはいえ、勝負に出たコメントすら、当てに行っているものがほとんどです。

全体感としては、抜群によく当たります!

tips_and_updates どの診断をやれば?

恋愛診断も性格診断も、日々、研究を重ねて作成されています。新しいものほど、分析の鋭さ、表現や結果パターンの多さ、精度が段違いなのです。

あなたの落とし方ワンツースリー 最新作はお手軽にできるお遊び系の恋愛診断で「新生!あなたの落とし方ワンツースリー」です。分析量が物凄い・・・というわけではありませんが、気軽に楽しい診断を求めている方はこれが良いでしょう。

トレカ恋愛診断 恋愛で自分を分析したい方は、今なら「トレカ恋愛診断」です。イロモノに見えますが、結果がトレカ風になっているだけで、診断の鋭さは現在「圧倒的」な一位です。次点で「恋愛の履歴書」でしょう。

トレカ性格診断 自分の性格を分析したい方は、今なら「トレカ性格診断」です。こちらも性格診断の鋭さとしては、一番です。どれほど人の本質を捉えているか、よくお分かりいただけるはずです。次点で「性格の履歴書」でしょう。

才能を診断するもので根強い人気があるのは「才能と性格を見抜く性格診断」です。オーソドックスで安定した人気があります。

tips_and_updates その他の用途

気になる人との相性診断を(一人で)やりたい

軽めの気持ちなら「普通の相性診断」で、本気でやるなら「全てを含んだ相性診断」へどうぞ。

相性診断を好きな人と二人でやりたい

二人でやる相性診断」へどうぞ。

片想いの人を知りたい

好きな人について」のサイトに行くと、相手の分析、相手の気持ち、自分の気持ちまで診断できます。

他にも、結婚、復縁、不倫、彼氏彼女、同棲など、それぞれのテーマに沿ってたくさんの恋愛診断や性格診断があります。ぜひ利用してみてください。

< 結婚について:TOP(目次)へ戻る

結婚は人生の墓場なのか

結婚は人生の墓場?

コラムの挿絵

既婚者から結婚後の話を聞くと、あまり良い話が出てこなかったりします。忙しい忙しいと言って、ろくに家事も子育てしない夫。文句ばかり言って、見た目も気を遣わなくなり、太るだけの妻。自由に使えないお金。ろくに会話もない日々。でも、別れてから乗り換えるということも、結婚してしまえばそう簡単ではなく・・・。結婚が人生の墓場だという人がいるのも頷けます。

だったら、なんで結婚するんでしょうか。一人の気楽さもなく、お金の自由さもなく、責任ばかりが増えるのに、なんで結婚するんでしょうか。

結婚しない未来も墓場?

なんで結婚するのか、というアンケートを取ったら、何割かの人は「結婚しない人生もつらいから」と答えるのではないでしょうか。結婚しない30年後もまた怖い。結婚するのが墓場だとしても、結婚しないのも墓場だったら・・・。どちらの墓場のほうがましか、という悲しい話になってきますね。どちらかの墓場を選ぶような人生そのものが墓場だ、という感じにも思えてきます。

ただ、とりあえず「結婚しないのも墓場かもしれない」と考えるだけでも、「結婚は人生の墓場」という言い回しが一面的で一方的であるということが分かるのではないでしょうか。「結婚しない墓場」と「結婚する墓場」、どちらがましか比べてみないと、結婚が墓場と言っていいのかどうかよく分かりませんよね。

結婚相手と幸せにやっていけるか

コラムの挿絵

あらためて、結婚する墓場(?)と、結婚しない墓場(?)のどちらがましか、ちょっと考えてみましょう。いやそもそも墓場とは限りませんが。

結婚相手とうまくいって良好な関係でいられれば、結婚生活は悪いものではないでしょう。でも結婚相手とうまくいかなければ地獄を見ることも有り得ます。うーむ、どうなるか分からない。

では結婚しない場合はどうでしょう。そこそこ仕事が充実していても、その充実は30年後にはどうでしょう。いったい何に向かって仕事しているのか、疑問が出てくるかもしれません。あなたは、そんな未来が幸せだと思いますか?うーむ、難しい。

人によって違うのは当たり前ですが、例えば、こんな感じで考えてみると分かりやすいかもしれません。結婚相手とだいたい仲良く信頼し合って生きていけたら100点、すごく苦しんで離婚したら0点。結婚して失敗するのを恐れるなどして一人でいることを選んだ場合は、30点(例えば、ですよ)。そう考えると、30点でまぁいいやという感じで生きていくのか、結婚という何点が出るか分からないギャンブルをするのか、という形が見えてくるかと思われます。

実際のところ、人によって、結婚しないことが何点なのか、結婚した場合にイメージできる成功が何点なのか、失敗が何点なのか、違うでしょう。また結婚を成功させる確率、自信も、それぞれ違うかと思われます。難しいかと思いますが、少なくとも一つ言えるのは「結婚は墓場ではない」ということです。最低でも「結婚はギャンブル」と言えるぐらい、幸せになれる可能性はあります。

結婚はコスパが悪い?

「結婚なんてコスパの悪いものをなんでするのか分からない」という声をよく聞きます。経済面でも、精神面でも、確かに不自由で面倒くさいものがありますね。コスパが悪いことがとても多いです。今、友達と遊んで、好きなアーティストのライブにいって、彼氏ともデートなどして楽しく過ごしているなら、本当に結婚のコスパは悪すぎますね。それらの楽しいことや自由でいることに制約ができまくりますから。

でもそれは「目先のコスパ」です。そういった損得勘定が、人生規模に拡大してみると、なんとも言えなくなってくるのです。

低いコストで(例えば責任を背負わず、結婚生活という煩わしさを背負わず)、楽しいことをたくさんする。コスパが良いです。そうやって利益を出し続けて人生を終えて、あぁ利益がたくさん出た、幸せだった、になるのでしょうか。

逆に、三人の子育てに苦労した、旦那と何度も言い争った、最初の10年はずっと妊娠と育児だった、おしゃれする時間などなかった・・・コスパが悪いです。そんな感じで、人生を終えて、あぁ利益がなかった、不幸だった、となるのでしょうか。

最初に言っていたコスパは、「嬉しいこと」から「大変なこと」を引いた差で、お得かどうかで考えているように思われます。でも一度しかない人生という規模で考えた場合、苦労が少ない(コストが低い)ことがお得なのかというのは、微妙になってくるのです。人生規模にまで拡大した場合には、濃厚だったかどうか、やり切ったかどうか、という指標も混ざってくるからです。

さぁ、あなたの人生観はどうでしょうか。死ぬまでコスパ(損得)を重視しますか?

結婚は幸せ?結婚して良かった?

コラムの挿絵

当たり前の話ですが、結婚して良かった、という人もたくさんいます。それは、目に見えて夫婦仲が良く、お金もあって、子供にも恵まれ、「いかにも幸せ」という感じの人ばかりではありません。夫の文句ばかり言っている、何度も離婚を考えた、共働きでも家計はギリギリだった・・・そんな人でも「結婚して良かった」と思っている人がたくさんいます。

そんな夫でも、文句を言う相手もいないよりは良かった、大晦日に一緒に紅白を見る相手がいて良かった。そう感じていたりします。大変だったけど、子供に会えて良かった。そう感じていたりします。独身時代から見ると「コスパが悪い」「墓場」のような場所にいるのに、それで良かったと思っている人がたくさんいます。途中で、良かったと全然思えない場合でも、死ぬ間際に「やっぱりこれで良かった」と思うかもしれません。

結婚は人生の墓場なのか。はい、そうなるかもしれませんが・・・。結婚に賭ける価値はあるのではないでしょうか。

あとは皆さんの価値観にお返しします。

≪なぜ結婚するのか(結婚の意義や理由)
婚活の心得≫

※本サイトは、読み流すだけで成長する「恋愛の学校」の校長が作成しています。ぜひ恋愛の学校にもお越しください。相談すれば回答があるかも?

【SNSでの共有】
+シェア用テキスト+
テキストエリアをタップする
だけでコピーできます。
send to Twitter send to Facebook send to Mixi other
フェイスブックでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「シェア」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了




cancel 閉じる
mixiでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「mixiチェック」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


send to mixi
cancel 閉じる
ブログやメール、その他のSNSでこのページについて共有したい場合は、下記のテキストをコピーすると便利です。どうぞご利用ください。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


cancel 閉じる
 
結婚について:TOP(目次)へ戻る